第9回しいたけ超簡単
レシピコンテスト結果発表

第9回しいたけ超簡単レシピコンテスト結果発表

お手軽に作れるしいたけ丼(どんぶり)料理

椎茸のユッケ風丼

伊藤 あすか 様(静岡県)

材料と分量(1人分)
所要時間 10分
椎茸 小4枚(50g程度)
卵黄 1個
ご飯 茶碗1杯分
白ゴマ お好みの量で
刻みネギ お好みの量で
刻み海苔 お好みの量で
【タレ】
A:醤油

小さじ1
A:砂糖 小さじ1
A:コチュジャン 小さじ1
A:ごま油 小さじ1/2
A:ニンニク 1/2片

旨辛タレと卵黄の組み合わせがたまらない!家にあるものだけで作れる簡単どんぶりです。

【作り方】
①椎茸を5mm幅くらいに切っておく。
②切った椎茸をフライパンで焦げ目がつくくらいに焼く。
③椎茸を焼いている間にタレ作り。Aのタレの材料を全てボウルに入れ混ぜ合わせておく。
④焼いた椎茸を3のタレの中に入れ混ぜ合わせる。
⑤器にご飯を盛り、刻み海苔をのせ、その上に4を載せる。
⑥仕上げに卵黄、刻みネギ、白ゴマをのせて完成。

鰻重ちゃいまんねん しいたけ丼だっせ

キャロライン 前田 様(愛媛県)

材料と分量(2人分)
所要時間 20分
生シイタケ 4枚
はんぺん 1枚
焼き海苔 10×20センチ 1枚
砂糖 大さじ2
大さじ2
醤油 大さじ2
粉山椒 少々
大さじ1
炊いたご飯 2膳

短時間で気軽に作れます。しいたけをたくさん食べられます。

【作り方】
①砂糖・酒・醤油・粉山椒を小鍋で温めておく。
②生シイタケとはんぺんをフードプロセッサーで細かくしておく。
③焼き海苔を4つに切り分け②をのせる。
④お箸かフォークなどで表面にすじをいれる。
⑤フライパンを中火で温め油を入れ海苔の面を上にして焼く。
⑥ご飯の上に⑤を乗せ①のタレをかける。

レンジでお手軽!豚と椎茸の和風旨旨丼(うまうまどん)

溝口 真佑 様(岡山県)

材料と分量(2人分)
所要時間 20分
椎茸 4枚
豚ひき肉 150g
塩昆布 10g
ご飯 400g
卵黄 2個
小口ネギ 適量
糸唐辛子 適量(あれば)
100ml
大さじ3
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
片栗粉 大さじ1/2

椎茸と豚肉、塩昆布の3つを合わせ、出来るだけ簡単な手順で旨味を最大限に引き出した丼を作りました。レンジで簡単に出来るのもポイントです。旨味の相乗効果で、旨味が抜群に出るので、出汁などを使わなくても、とても美味しく仕上がります。しいたけをみじん切りにするのではなく、あえて少し大きめにすることで食感を残し、ごちそう感のある丼にしました。

【作り方】
①椎茸はよく洗い、石付きをとり、1.5cm角の正方形に切る。
②深目の耐熱皿に①の椎茸をいれる。そこに塩昆布を合わせ、揉み込んで3分おく。
③②に水、酒、醤油、みりん、砂糖をいれ、よく混ぜたら、豚ひき肉を入れて肉をほぐすようによく混ぜる。
④③にラップをふんわりとかけ、600wで1分30秒加熱する。取り出してかき混ぜ、またラップをして600wで2分加熱する。(※この時点で肉に火が入っていないようなら加熱時間を増やす)
⑤片栗粉を大さじ2の水(分量外)に溶かす。
⑥熱い状態の④に、⑤を混ぜ入れて、よく混ぜる。
⑦⑥にラップをせずに600wで30秒加熱し、かき混ぜ、また600wで30秒加熱する。
(※とろみがついていないようなら加熱時間をのばす)
⑧丼にご飯を盛り、⑦を盛る。その上に卵黄、お好みでネギ、糸唐辛子を盛り付けて完成!

※椎茸が苦手なお子さんには、しいたけの大きさを微塵切りにすると食べやすいです。片栗粉は粉のままいれると、だまになってしまうので、手間ですが水に溶いて入れてください。

椎茸とエビのブラックペッパー炒め丼

木戸上 かおり 様(東京都)

材料と分量(2人分)
所要時間 20分
生椎茸 8枚
バナメイ海老 200g
玉ねぎ 1/4個
にんにく 1片
しょうが 小さじ1杯分
黒胡椒 大さじ1杯分
有塩バター 50g
〈ソース〉
醤油

大さじ1
老抽(ラオチョウ) 大さじ1
オイスターソース 大さじ1
砂糖 小さじ1

シンガポールの人気料理「エビのブラックペッパー炒め」をヒントに、椎茸の魅力がたっぷり味わえるレシピを考えてみました。エビの甘みと椎茸の旨み、黒胡椒の香りがたまらなく食欲をそそり、ご飯がどんどん進みます。
シンプルな調理法でササッと作れるのもポイントです。

【作り方】
・ごはんを炊いておく
・エビは殻を剥き、背わたを取っておく
・〈ソース〉の材料をすべて合わせておく
①玉ねぎ、にんにく、しょうがをみじん切りにし、椎茸は大きめに(ななめに)スライスする。
②フライパンに挽き立ての黒胡椒を入れ、木べらで混ぜながら弱火で2~3分丁寧に炒めて香りを出す。香りがしっかり出たらバターを入れて溶かし、玉ねぎ、にんにく、しょうがも加えて炒め合わせる。にんにくとしょうがの香りが立ち、玉ねぎがしんなりするまでじっくりと。
③②のフライパンに〈ソース〉とエビ、椎茸を加えてさらに炒め、優しく混ぜ合わせる。エビに火が通ったらOK。
④器にご飯をよそって③をたっぷりかけたら完成!

しいたけin焼きカレー丼

安藤 悠 様(群馬県)

材料と分量(1人分)
所要時間 40分
しいたけ 2枚
ご飯 215g
粉チーズ 適量
とろけるチーズ(ピザ用) 40g
少々
こしょう 少々
うま味調味料 少々
<カレー>
玉ねぎ

1個
人参 1/2個
とりひき肉 200g
ルー 半量+76g
じゃがいも 1個
炒め玉ねぎペースト 1袋
適量
サラダ油 適量

苦手な人でも食べられるよう、カレーとしいたけを合わせました。

【作り方】
①じゃがいもは乱切りにし、水に浸ける。人参はいちょう切り、玉ねぎは一口大に切る。
②①の野菜を炒める。
③水を入れ煮込む。沸騰したら、とりひき肉を肉団子上にして入れる。全て入れ火が通ったら、炒め玉ねぎペーストを入れて煮込む。(弱~中火)
④火を止めルーを入れ煮込む。
⑤しいたけを一口大に切り炒める。塩、こしょう、うま味調味料を入れる。(中火)
⑥ご飯を皿に盛り、カレーを入れる。この時に⑤のしいたけを入れる。
⑦粉チーズ、ピザ用チーズを上からかけてオーブントースターで焼く。(630w:5分)
⑧チーズが溶けてきたら完成。

講評

第9回レシピコンテストのテーマは、「お手軽に作れるしいたけ丼(どんぶり)料理でした。応募総数は233点のご応募を頂き過去最大の作品数となりました。ありがとうございました。
例年ですと全国大会時に参加者による試食投票で最終選考を行いますが、今回は集合なし開催となったため試食審査が出来ませんでした。最終選考はサンマッシュ青年部での投票で決定し、今回は試食審査が出来ませんでしたので上位5作品を優秀賞として決定しました。
今年も第10回コンテストを予定しておりますので、また多くのご応募お待ちしております。

主催

全国サンマッシュ生産協議会

後援

株式会社北研

応募問い合わせ先

全国サンマッシュ生産協議会 事務局  担当:岩崎
〒321-0222 栃木県下都賀郡壬生町駅東町7-3北研内
TEL:0282-82-8285
Email:contest@hokken.co.jp

お問い合わせは
こちら